12月1日ながら運転罰則強化

飲酒運転に引き続き運転中のスマホ等の使用に対しての道路交通法改正により罰則も強化されることになりました。
ポケモンGOを運転中にしていて事故を起こしたというニュースが世間を騒がせたりと事故や危ない運転の原因となっていたのは事実なのでいいニュースではないかと思います。
しかし仕事で運転することが多い方からすると怖いニュースでもありますね。
免停にでもなったら仕事が出来ないなんて事もありえます。
なので今回はどのように罰則が強化されたのかを確認してみます。

携帯電話使用等(保持)・・通話(保持)、画面注視(保持)する行為
運転中にスマホ等を使用した場合
罰則 5万円以下の罰金→6月以下の懲役または10万円以下の罰金
反則金 大型7千円→2万5千円
普通6千円→1万8千円
二輪6千円→1万5千円
原付5千円→1万2千円
点数 1点→3点

携帯電話使用等(交通の危険)・・通話(保持)、画面注視(保持)、画面注視(非保持)することによって交通の危険を生じさせる行為
運転中にスマホ等の利用などで事故を起こした場合
罰則 3月以下の懲役または5万円以下の罰金→1年以下の懲役または30万円以下の罰金
反則金 大型1万2千円
普通9千円
二輪7千円
原付6千円
改正後は反則金制度の対象外となり全て罰則の対象になります
点数 2点→6点(免許停止)

今まで気を付けてはいるけど電話したり操作していた方もいるとは思いますが、これからは重大な違反になるので運転中は操作しないというのを基本としてしっかり守りましょう。

ここからはどこまでがセーフなのか確認してみましょう。
赤信号でスマホ操作→〇(信号が青に変わっているかに注意!)
スマホをナビにする→△(2秒以上見続けると注視になるとのこと)
車についているナビもスマホのナビと同様で注視は違反なので注意が必要です。

通話に関してはハンズフリーが条例で禁止されている都道府県が多いのでおすすめは出来ませんがスマホを保持しての通話よりはまだましかなという状況です。
スマホの操作や通話をどうしてもしなければいけない時は、駐車できる所に車を止めて安全な場所でやるのが1番です。
これ以上ながら運転による被害者を増やさないためにも一人一人がルールを守って安全な運転をすることが大切です。