AGA発症(薄毛)の危険度チェック

10年後の髪の状態は?

若い人にもまだ今はハゲてはいないけどこの先が心配な方や、少し髪の量が減ってきた、髪の毛が細くなってきた気がする。そんな方が多いのではないでしょうか?
食生活の改善や生活リズムを改善するのが大切という事は有名ですが、それだけでハゲないのであれば世の中のハゲている人はこんなにはいないはずですよね?

なぜハゲている人が多いのか?

食生活や生活に気を付けてさらに発毛剤を使用してもハゲている。。
なんでこんなに頑張っているのにハゲているのか?
それは自分自身に合った治療方法ではないからです。まずは自分の遺伝子を検査してみることをおすすめします。
男性型脱毛症・遺伝子検査キット
AGAドックは10代~40代の男性を対象とした『 薄毛遺伝子 』の検査キットです。将来的な【AGA発症(薄毛)の危険度】を予測します。
また【薄毛治療薬(フィナステリド=プロぺシア等)】の治療効果を予測をします。検査方法はいたって簡単。綿棒でほほの内側を軽くこするだけです。検査結果は3週間後に郵送で届きます。
今なら「AGAアドバイスブック」等の特典付き。薄毛対策をお考えの方に最適な商品です。


AGAってなに?

AGA(エージーエー)とはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。
AGA(エージーエー)は思春期を過ぎた男性によく見られる症状で、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛パターンがあります。
原因はまだ解明されていない部分も多いのですが、思春期以降、急激に増える男性ホルモンが大きく関わっていることが解っています。

AGA(エージーエー)の方の毛髪はヘアサイクルが乱れ、十分に成長しない髪が年齢とともに増加して毛髪数を減少させるスピードを急速に早めます。
放置してもヘアサイクルは正常に戻らないので早めの対策が効果的と言えます。